浄土真宗の心得/葬儀豆知識

葬儀では(清め塩)はお配りしません。

浄土真宗の葬儀では、(清め塩)はお配りしません。
なぜなら浄土真宗はもとより、仏教と何の関わりもない民間伝承だからです。
塩をまいて清めるという習慣の景色には(死)をけがれたもの・忌み避けるべきものとする考えがあるとおもわれます。
また、葬儀に参拝することによって不幸や災難が自分の身にとりつくように思われているようです。

葬儀に参拝し、故人や遺族に対して、けがれたものだ・忌み避けるべきものだと行勒するのはおかしなことです。
また、わざわざ災難を背負うために参拝にされた人はないでしょう。

葬儀の意味は(お世話になりました)と故人を偲び、自分もかならず死ぬという大問題を持っていることを知らされ、(この私の命が阿弥陀仏に願われた命でありました)と南無阿弥陀仏に出遇わさせていただくことです。

(清め塩)のほか、茶碗を割ることや、冥福を祈ることもありません。
これらはただ、阿弥陀仏の教えにそぐわないことだからです。
気になることや分からないことは住職に相談して下さい。