香典返し/葬儀豆知識

香典返しは忌明けに

仏式では、女性は五七日(いつなぬか)、男性は七七日(しちなぬか)をもって忌明けとします。
最近ではその前後に忌明けの法要をおこない、喪主の挨拶状とともに、香典返しをするのが習慣となっています。
また、七七日が年をまたいだり、三ヶ月にわたるときは、五七日(35日)忌明けとすることもあります。

神式は三十日祭、または五十日祭に、キリスト教では、一ヶ月後に

香典返しという言葉は、仏式のものですが、神式やキリスト教の場合でも、同じようにお返しをするならわしが多いそうです。
神式では、三十日祭または五十日祭を忌明けとし、挨拶状と共に香典返しをします。
またキリスト教の場合も、おかえしについてとくにきまりはありませんが、一般的には、一ヵ月後の召天記念日に納骨を済ませ、その旨のあいさつ上を添えて、故人を記念する品をプレゼントされることが多いようです。

香典返しのお品選びは

香典返しには、タオル、寝具、石鹸、洗剤、お茶、海苔、菓子など一般的にどの家庭でもつかっていただけるものがよろしいようです。
またお礼の供応を意味するという漆器や陶器もよく選ばれております。会社などの場合には全員の方に渡るように、緑茶や菓子が向いています。従来、香典返しにはふさわしくないとされていた商品もここ近年、かなりの変化がみられ商品選びにそれほど神経質にはならなくても先様に対して失礼に当たらないと思われます。最近では、故人を記念するようなさまざまな品が贈られることもふえてきました。

当社では新しい時代に対応する品々を数多く取り揃えております。ぜひご利用下さいませ

香典返しは、挨拶状と一緒に

香典返しの品物は奉書紙、半紙などに包み、弔事用の黒白の水引をかけます。表書きは上段に(忌明)(満中陰)(または(志)と書き、下段に喪主の姓名をかきます。神式やキリスト教の場合は、(志)と表書きをします。挨拶状には(冥福)(成仏)(供養)(回向)などの仏式用語はさけます。
当社ではお返しのお品選びからご挨拶状の印刷まで、専門の係員が弔事に関するあらゆるご相談を承っておりますので、お気軽にご用命ください。

香典返しはご厚志額別に

香典返しの目安は「半返し」ということで、香典額の半分程度が一般的に妥当とされていますが高額の香典を頂いた場合や一家の働き手が無くなった場合は3分の1ぐらいが多いようです。ただお香典を頂いた方、ひとりひとりに入念な品選びをすることは時間の上でも難しくご厚志額応じていくつかのランクに分けて選ぶことはやむを得ないと言えますが、できれば相手の好みも考えて選ぶのが良いでしょう。
故人が著名で会葬者が多いときなどは故人を偲ばせるような厳選された品物を一律にお返しする場合もあります。当社のカタログでは、ご厚志額に応じてお品選びが出来るよう編集いたしてますので短時間で適切な品をお選びいただけることと思います。

即日返しの最近の傾向

香典返しを通夜や葬儀の当日の贈ることを「即日返し」といいます。その場で手渡しするため香典帳の整理が不要である、拝承量がいらない、といった理由から忌明けを待たずに「即日返し」をすることが多くなっています。その場合、香典の額が分からないうちに品お渡しするので、一律の額(2〜3千円程度が一般的)の品を配りますが、ご香典が時に高額だった人には忌明け後に改めて別の品物を贈る事もあります。

参考として記載しているものであり、必ずしも全ての場面に当てはまるものではありません。あくまでも参考までに・・