臨終直後の対応/もしものとき -ご葬儀の流れ-

死亡診断書の受け取り

以後の諸手続に必要です。必ず忘れずに受け取ってください。年金や生命保険など、必要な死亡診断書の確認も必要です。

  • 病院の場合
    病院の医師に死亡診断書を書いてもらいます。
  • 自宅の場合
    掛かりつけの医師に連絡し、死亡を確認してもらい、医師に死亡診断書を書いてもらいます。
  • 事故死の場合
    警察に連絡し、警察医に死亡を確認してもらい、警察医に死体検案書を書いてもらいます。  

末期の水

新しい筆の穂先か、割り箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶碗の水に浸して故人の唇をぬらすようにします。
(病院から自宅に帰って行うことが多いようです)

死亡の連絡

肉親や特別な関係の方に、とりあえずお知らせします。
(多くの方には葬儀日程が決定してから連絡します)

葬儀社への連絡 

万一、病院で死去された場合は、「マルマサ葬祭でお願いします」と、病院の方え申し出ていただき、弊社までご連絡くだされば、寝台車でお迎えにまいります。
病院指定の寝台車で自宅まで送られた場合でも、「葬儀施工はマルマサ葬祭に」と、ご一報ください。

  • 24時間、いつでも結構です。
  • 故人の氏名、連絡者氏名と続柄、電話番号、死亡した病院名、ご遺体の搬送先と時間をお伝えください。
  • ご遺体をご自宅または斎場までお送りいたします。

※式場をご利用になる場合は、弊社にご相談ください。