法要の準備と進め方/もしものとき -ご葬儀の流れ-

1. 日時の決定と連絡

  • 忌明け法要は、亡くなった日を入れて49日目、もしくは35日目に営むならわしだが、直前の休日に行う場合が多くなっている
  • 僧侶や関係者の予定をたずねて日時を早めに決定する
  • 親戚関係を中心に故人の友人や特に関係の深かった方を招く
  • 日時が決定したらなるべく早めに関係者へ連絡する
  • 連絡は電話またはハガキ(案内状)にておこなう

2.事前の準備

  • 忌明け法要までに、本位牌や法名軸を用意する
  • 忌明けを過ぎた白木の位牌は、菩提寺と相談して処置する
  • この日に納骨を行う場合は、あらかじめ法要の用意をしておく
  • お墓がまだない場合は、忌明けが過ぎたら御骨を預かってもらうこともあるので、寺院や霊園と相談しておく
  • 法要に引き続いてお墓参りに行く場合は、花、線香など事前に準備しておく

3.お布施と法要の心得

  • 喪主とその家族は、なるべく略礼服を着るようにする
  • 出席者の服装は、あらかじめ打ち合わせをしておくとよい
  • お布施の金額は、僧侶におたずねしてもよい
  • 僧侶が会食に参加されない場合は「御膳料」、交通費としての「お車代」を別途に包むこともある

4. 進行順序

  • 一同入場・着席
  • 開式についての喪主挨拶
  • ローソク、線香に点火
  • 僧侶に合わせて、拝礼
  • 読経
  • 焼香
    (僧侶の指示により、参列者全員が順に行う)
  • 法話
  • 閉式・会食(お斎)の案内   
    ※宗派や地域の習慣により、内容が多少異なる場合もある

5.会食(お斎(おとき))

  • 法要が終了したら、引き続き、参列者の方々を、料理や酒などでもてなすのが通例となっている
  • 会食には引物(香典返し)をつけてお持ち帰り願うのが一般的
  • お供え物を、皆さんに分け一緒にお持ち帰りいただく場合もある
  • 手提袋や風呂敷を人数分用意し、持ち帰りに便利なようにしておく