火葬と還骨法要/もしものとき -ご葬儀の流れ-

1.火葬

  • 火葬場に到着したら、火葬許可証を事務所に提出する
  • 火葬場係員の指示により、霊柩車から棺を出し、炉前に運ぶ
    1. 僧侶が同行されたときは、読経をあげていただく
    2. 喪主より順に焼香をする
    3. 棺を炉に納める
    4. 火葬場係員が点火する

2.お骨あげ

  • 控室で収骨のアナウンスを待つ (お茶、お酒、お菓子の他、酒食を出すこともある)
  • 火葬場係員の説明にしたがって、お骨あげをする (しきたりは地域によって異なる)
  • 収骨後、火葬場係員より埋葬許可証を受け取る

3.還骨法要

  • 火葬場から斎場に戻った人は、入口に用意された塩と水で身体を清める
  • 喪主は葬儀社係員に位牌、遺影、遺骨を渡す
  • 時間になったら、法要会場に集まる (数珠を持参する)
  • 僧侶の読経を拝聴する
  • 僧侶の指示によって焼香する
  • 法要終了後、精進落しの案内をする

4.精進落し

  • 精進落しは僧侶が主賓となり、来賓関係、親戚関係の順に並び、遺族は末席に座る
  • 会食前に、喪主が御礼の挨拶を述べる
  • 会食中は喪主遺族が接待にあたる
    (会食中に、葬儀社係員が引出物やお供物を配布する)
  • 僧侶が帰られるとき、別室でお布施をお渡しする
    ※葬儀翌日、寺院に持参することもある
  • 会食終了の挨拶を述べ、お開きにする