葬儀告別式/もしものとき -ご葬儀の流れ-

1.自宅での準備

  • 自宅を出るとき、忘れ物がないようチェックする
    1. 自宅へ届いた弔電
    2. 自宅へ届いたお供え物
    3. お布施・心付け
  • 留守中の来訪者に備え、式場までの案内図を渡しておく
    ※自宅での焼香を申し出る場合もあるので、焼香の準備をする

2.式場での準備

  • 生花・花環の氏名、配置順を確認する
  • 喪章などを胸に着用する
  • 式場内の点検を行い、関係者が配置していたら挨拶する
  • 礼状に目を通しておく
  • 式場で夜を徹した人から報告を受ける
  • 弔電の順番を決定する
  • 葬儀社係員と打ち合わせを行う

3.僧侶への挨拶

  • 僧侶が着かれたら、喪主は挨拶に出向く

4.来賓のお迎え

  • 式場内に着席される来賓については、控室に案内する
    ※接待係は茶菓の用意をする

5.受付の開始

  • 葬儀開始30分前には、受付準備を完了する
    ※事前に清め塩、会葬礼状、会葬御礼品をセットしておく
  • 受付係は、参列者の受付を行う
    1. 記帳をお願いする
    2. 香典を拝受する
    3. 会葬礼状と会葬御礼品をお渡しする (参列者の誘導案内を行う)

6.着席

  • 開式10分前に、遺族、親戚、来賓を所定の席に案内する
  • 一般参列者へ、入場の案内放送を行う

7.開式

  • 司会者が、葬儀開式を告げる
  • 僧侶が入場する
    ※合掌礼拝で僧侶を迎える
  • 僧侶が読経する
    ※読経中は静かに拝聴する
  • 導師が引導作法を行う

8.弔辞拝受

  • 司会者の案内により、壇上に出て弔辞を奉読する
    1. 霊前にて拝礼し、遺族、来賓の順に一礼する
    2. 弔辞用紙を取り出し、ゆっくり読み上げる
    3. 奉読後は、弔辞を元通りにし、弔辞台または祭壇に供える
  • 喪主は黙礼で拝聴する

9.弔電奉読

  • 司会者より、弔電を数通ほど奉読する
    ※電文の内容を数通紹介し、以下氏名のみの場合もある
  • 喪主は弔電奉読ごとに黙礼で拝聴する
  • 奉読終了後、司会者は弔電を霊前に献呈する

10.指名焼香

  • 司会者から氏名を呼ばれたら、焼香を行う
    ※葬儀委員長を立てるときは、喪主の前に行う場合がある。

11.一般焼香

  • 司会者の案内により、焼香を行う
  • 喪主・親族代表は焼香台近くで立礼する

12.閉式

  • 読経終了後、僧侶が退場する
    ※合掌礼拝して、お見送りする
  • 司会者が閉式を告げる
  • 葬儀社係員の手によってお別れの準備が行われる
    ※準備ができるまで、退席する場合がある

13.最後のお別れ

喪主、遺族、親族は祭壇前に集合する 喪主より順に棺に生花を入れ、合掌する 棺に蓋をし、喪主より釘打ちをする (終わった人から霊柩車の付近で待機する) 一般会葬者は霊柩車付近で待機する

14. 出棺

  • あらかじめお願いしている棺を持っていただく方(4〜6人)に集まっていただく
  • 喪主、遺族は位牌、遺影、遺骨箱を持つ
  • 位牌、遺影、遺骨箱、棺の順で葬列を組み、霊柩車に向かう
  • 棺を霊柩車に納める
  • 死亡届を提出したときにもらう「火葬許可証」を必ず持参する
  • 喪主または親族代表が謝辞を述べる
    ※親族は喪主の後ろに並ぶ
  • 挨拶終了後、火葬場へ同行する方は速やかに所定の車に乗車する
  • 会葬者は合掌して霊柩車を見送る

15.後片づけ

  • 来賓の方々には、控室で着替えや休憩をしていただく
    ※コートなどを預かったときは、お渡しする
  • 各担当係員にて、会場の後片付けを行う
  • 忘れ物などがないか、確認する